目立つつむじ何とかしたい!気になる植毛の値段

薄毛の対策方法の種類や特徴

男性の薄毛、特につむじ周辺の薄毛、目立つ地肌に悩まれている方は多くいます。しかし薄毛の対策や治療方法を正しく理解している人は多くありません。 それぞれケア方法や、人それぞれ向き不向きなど特徴があります。それぞれの特徴を正しく理解し自分にあった薄毛対策を行いましょう。一般的に薄毛の方が行う対策は発毛、育毛、増毛、植毛があげられます。

その中でも、発毛、育毛は髪の量が減ったり、髪が細くなっていても、自分の髪が存在する状態、または、髪が生える可能性がある毛根がある状態で行う対策です。増毛、植毛は自分の髪がない、髪が生えて来る可能性のない状態で行う対策です。効果を考えると増毛や植毛が最も確実性のある対策と評価されていますが、値段では高額のイメージがあり増毛や植毛に踏みきれない方も少なくありません。

それぞれの薄毛対策のメリットとデメリット

薄毛対策を自分の髪や毛根をケアすることで髪の毛を増やす、髪の毛を太くする対策である発毛、育毛、養毛と、人工的に髪の毛の量を増やす増毛や植毛と分けてそのメリットとデメリットをみていきましょう。

まず、発毛、育毛、養毛のメリットは費用面があげられます。また、発毛剤や育毛剤といった薬品は病院からの処方はもちろん、ドラッグストアなどでも購入することができることも気軽に始められる髪の毛のケアといえます。また、発毛剤や育毛剤の他、シャンプーやサプリメントなどさまざまな方法があり自分に合ったケアを選択することもできます。デメリットは、ある程度時間がかかること、また、効果が不確定なところもデメリットといえます。増毛、植毛のメリットは、増毛効果が確実であること、デメリットは費用面があげられます。

増毛と植毛の違い

増毛効果が確実で人気がある増毛と植毛のその違いは、「増毛」が自分の髪の毛に人工髪毛を結びつけ髪の毛を増やします。植毛は、頭皮の毛穴に人工髪毛や自分の髪を植え付け髪の毛を増やします。それぞれ医療機関での施術が必要です。

増毛、植毛それぞれ増毛効果は確実性がありますが、増毛では自分の髪の毛が抜けてしまうとその髪の毛に結んだ人工髪毛も取れてしまうため持続性を考えると植毛の方が優れています。また、植毛は施術後、その他のケア不要な他、自分の髪の毛を移植した場合、移植した髪から髪の毛が生えるなどランニングコストがかからないので施術に費用がかかってもトータル的にみると他の増毛対策よりも安い場合もあります。