植毛手術の痛みは気になる?

植毛手術は痛いのか?

髪の毛を増やす効果が高い薄毛対策方法といえば「植毛」です。現在では20代や30代など若い世代の男女が気軽に行っている薄毛対策方法ですが、治療の痛みについてはさまざまな情報が飛び交っています。植毛は、髪の毛を短期間に、しかも、確実に増やす方法ですので、多少の痛みや副作用は皆さん我慢しているのだろうと想像している方は少なくありませんが、実際は、手術中は麻酔を使用しますので「無痛」です。

具体的には、移植手術用のイスに座ると腕などに静脈注射が打たれ、体内に麻酔などの薬剤が注入されます。その後は、次第に眠たくなり自然と眠りにつくケースが一般的です。その後、局所麻酔や移植毛の採取、植え込み作業なども痛みなどを感じることはほとんどありません。

植毛手術にかかる時間は?

植毛時の痛みは手術イスに座ってから最初に行う静脈注射のハリを指す痛みだけと分かりましたが、実際に植毛手術にかかる時間はどのくらいなのでしょうか。

植毛施術は日帰りで受けることができる治療です。手術時間自体は約5時間~6時間程度です。ほとんどの場合、朝、手術を受ける医療機関に来院し、夕方ごろ帰宅するという流れをとるケースが一般的です。手術は合間にドナー部分の株分けの時間が入ります。株分けは1~2時間かかりその間は、休息時間となります。ドナーの株分けは無菌ルームで行われることがほとんどで、術後の感染症を無くすためにも厳粛な作業が必要な工程です。

施術中はほとんど方が眠りについているケースが多く、休息時間など目が覚めている場合はDVDやテレビをみて過ごします。実際に患者が手術を受けている時間は2~3時間程度です。

術後の痛みは?洗髪は?

植毛手術後の痛みは、ほとんどないという意見がほとんどです。中には、術後に抜糸が必要な植毛手術を受けたれた場合、突っ張られるような違和感を感じるケースもありますが、痛みととらえる方は少ないです。しかし、痛みを感じる方がゼロというわけではないため、心配な方は、手術を受けた医療機関で処方される痛みどめを服用されています。

注意しなければいけないのは、植毛手術後のケアです。移植した髪の毛が頭皮に定着するまでに4、5日かかります。その為、しっかりと定着する前に頭皮などに摩擦や刺激を受けると移植した髪の毛が抜けてしまうばかりか、その後新しい髪の毛は生えてきません。例えば、術後にかつらを着用したい方は、移植した髪の毛が定着するまでは着脱をしない、また、しっかりとした洗髪は術後4、5日後からにするなどの注意が必要となります。